本文へスキップ
 東日本大震災の被害者の皆様に謹んでお見舞い申し上げます。
当社は、瓦礫の中でも特に漁網、布団、畳、カーペットなどの破砕処理で貢献いたします。                     →詳細はこちら

 西邦の製品例

放射能に汚染された漁網・剪定枝・稲藁の減容処理のご提案

  • 放射能汚染稲藁破砕処理設備
    稲藁ロール東京電力福島第一原発事故により汚染された農地等の除染作業が各地で行われています。除染に伴い発生する作物残さ、雑草、枝葉等は、通常燃やして処分することはできず、そのままフレコンバッグに保管すると、腐敗して崩れるため2段積みしかできないために多量の保管容積が必要などの問題があります。
    これらの除染廃棄物について、セシウムの大気に飛散しない600℃以下で炭化させることにより減容化し、少ない容積で保管できる処理技術をご提案いたします。

西邦の提案する汚染牧草・剪定枝・漁網の炭化・減容処理フローと安全管理

放射性物質を含む稲藁等の作物残さや、枝葉、漁網等を粗破砕・粉砕の後、放射性セシウムが揮発しない600℃以下の低温燃焼で炭化処理を行うことにより、灰に濃縮・固定化することで小さな容積で安全に貯蔵保管できるようにします。
高温加熱処理やプラズマ処理と比較して経済的、大量処理が可能となります。

汚染稲藁の処理フロー
 ※ ①、②の減容処理を弊社製品機器が担当いたします。

西邦の破砕機による放射能汚染物の減容処理能力

  • 型式
    1軸式解砕機 SC-200型
     AC400V・4P・50Hz 160kw
    プッシャー(油圧ユニット)
     AC400V・4P・50Hz 3.7kw×2基
  • 処理能力
    1)剪定枝
      フレコン袋入り 約1㎥ 約150kg/袋

      約60袋/時
    2)稲藁ロール
      Φ1.5m×1.2m 約300kg~350kg/ロール

      約6~10ロール/時
    3)漁網
      ワイヤー入り以外の破砕減容(鉛と分離可)

      約500kg~1000kg/時
 

ナビゲーション

西邦エンジニアリング株式会社

〒721-0963
広島県福山市南手城町2-27-27

TEL084-926-5458
FAX084-994-1327

担当者:090-5370-5739
 荒木 幹士 迄
 ご連絡ください

e-mail:
seiho_en(アットマーク)ms13.megaegg.ne.jp

Copyright(c) 2011 SEIHO Engineering co.,ltd All Rights Reserved